1. HOME > 
  2. ファッションクリエイト科

ファッションクリエイト科

「服づくり」の基本を身につけながらプロのクリエイターとして必要な“表現力”を磨きます。

誰もが憧れる一流のファッションクリエイターでもまず大切にしていることは「服づくり」の基礎。

基礎的な知識と技術が備わって初めて、個性や独創性を生み出せるのです。

ファッションクリエイト科では、1年次に「総合的な基礎力」を習得し

2年次に「より高度で実践的な表現力」を磨くためのカリキュラムを構築。

理論と実践とをバランスよく学ぶことにより“プロの感性”を身につけます。

目指せる職種
取得可能資格
授業内容写真

1年次
基礎的な知識と技術を総合的に習得しつつ、ビジネス視点も学びます。

パターンメーキング、素材論、ファッション画、手芸、アパレルCADなど、服づくりに必要な基礎知識を学ぶとともに、デザイン・パターン・ソーイングの基礎技術を習得します。

時間割例
1年次時間割例

2年次
自分が思い描いたデザインをカタチにできる高度な実践力を磨きます。

創造力や発想力を養いながら、自分のイメージをデザインとしてカタチにできる表現力を身につけます。

また高度な課題製作にも積極的に取り組みつつ、豊富に設けられた選択科目の時間を有効に活用して夢の実現を目指します。

時間割例
2年次 時間割例
選択科目の詳細はこちら
授業ピックアップ

服飾造形

ミシンの基礎から製図、裁断、縫製まで服づくりの基礎を学びます。


ドレーピング

ボディを使用して立体裁断の基本やシルエットの表現方法を学びます。


ファッション画

人の体の特徴を理解し、トレンドを取り入れたデザインの表現を学びます。


アパレルCAD

アパレルCADというパソコンで製図ができるソフトを使用したパターンメーキングの手法を学びます。


手芸

装飾のテクニックとして、ビーズ刺繍やコード刺繍を学びます。


CG(コンピューターグラフィック)

Illustrator(イラストレーター)、Photoshop(フォトショップ)のソフトを使い、デザインからプレゼンテーション資料の作成までの知識を学びます。